【40歳を過ぎたら読むブログ】健康な生活を送るための彼是

運動、食事、睡眠など、40歳を過ぎても健康な身体をつくる正しい知識をお教えします!

【3分で読める】ダイエット成功の秘訣!脂肪を燃焼させるためのトレーニングと食事のポイント

こんにちは。

少年の心を忘れずに、いつまでもヤンチャなおやじでいたい『少年おやじ』です。

 

 

今回は、

 

「なかなか痩せないなぁ。。」

 

 

とか、

 

 

「カロリー減らせばダイエットできるでしょ!」

 

と思っている人に向け、

「それ、やり方違うかもよ?」というテーマで行きたいと思います。

 

 

 

 

 

 

【脂肪を燃焼させるためのトレーニングと食事のポイント】

 

 

1.脂肪燃焼のメカニズム

 

 

体脂肪とは全身の脂肪です。

そして、健康診断などでよく聞く中性脂肪とは、体脂肪の中の1つの脂肪成分です。

 

f:id:toaruojisann:20210819221755j:plain

PexelsのAndres Ayrtonによる写真

 


例えば、肉の塊にあり白い部分。

あれが中性脂肪です。

 

体脂肪は、脂肪酸とグリセロールが結合してできています。

脂肪酸は酸で、グリセロールがアルカリです。

その2つが結合することで中性になっています。

 

 

その中性脂肪にホルモンが働きます。

ホルモンが働くと、中性脂肪脂肪酸とグリセロールに分解し、ホルモン感受性リパーゼという中性脂肪を分解する酵素が生まれます。

 

 

 

中性脂肪を分解する酵素ですよ!

 

 

 

つまり、ホルモンを働かせることが、中性脂肪の分解に大いに役立つということです。

 

 

そして、ホルモンを働かせてくれるのは、「運動」です。

 

f:id:toaruojisann:20210819221057j:plain

 

 

 

運動をすることによって、様々なホルモンやアドレナリン、成長ホルモンなどが活発になります。

 

脂肪を分解させる、ダイエットを成功させるためには、運動することが大事ということです。

 

 

 

 


2.筋肉をつけると痩せやすい

 


運動することに加えて、筋肉をつけていくことも非常に大事です!

 

f:id:toaruojisann:20210819220827j:plain

PexelsのAndres Ayrtonによる写真

 

 

なぜ大事かと言うと、
筋肉というのは1kgあたり、1日に13kg消費すると言われています。

 

 

1kgで13kcalしか消費しないの??

 


と思う方も多いですよね・・。

 

 

 

でも実は、

 

筋肉が1kg増えるときには、その筋肉を働かせるために心臓とか腎臓とか肝臓とか、色んな内臓も一緒に大きくなっていきます。


そして、ホルモンとかアドレナリンとか、テストステロン、成長ホルモンなどの働きもあります。

 


筋肉1kgだけを見ると、1日に13kcalの消費となりますが、

身体の働きでみると、筋肉1kg増えることによって身体は50kcal以上1日に消費すると言われています。

 

 

となるとですよ、

 


頑張ってトレーニングして、筋肉を3kgつけた場合、

1日に150kcalが1日で今よりも多くカロリーを消費するということになります。


150〜160kcalというと、ご飯1杯分ぐらいです。

 

 

筋肉をつけていけば、消費するカロリーは増えていくということになりますので、

しっかりとトレーニングして筋肉を増やしていくことで、ダイエットにも効果的ですし、太りにくい身体を作ることができるということになります。

 

 


3.脂肪燃焼のための食事のポイント

 

 

後体脂肪を燃やすための食事なんてあるの??

 

 

そう思いますよね。

 

食べれば痩せるなんていう食事はないです。

が、「DIT」は覚えておいてください。

 


「DIT」とは、Diet Induced Thermogenesisの略で、食事誘発性体熱産生というものです。

 

難しそうですよね。

 

食事誘発性体熱産生というのは、ものすごく簡単に言うと、食事をすると体温が上がるというようなものです。

 

炭水化物と脂肪では、体温の上昇はあまりみられませんが、

タンパク質は、炭水化物とか脂肪の3倍以上、このDITがあると言われており、大体30%が熱になる、体温に使われてしまうと言われています。

 

 

つまり、タンパク質を摂取すると、体温にカロリーが使われますので、

同じカロリーを摂ったとしても、脂肪になりにくいということになります。

 


体脂肪を減らしたい、ダイエットしたいという方は、

「お腹が空いたら脂ものとか糖分の食べ物ではなく、タンパク質が多く含まれているものを食べる」

と覚えておきましょう。

 

 

 

【脂肪を燃焼させるためのトレーニングと食事の・・のまとめ】

 

 

①脂肪を分解させたいなら運動せよ!

②脂肪が付きづらくするために筋肉量を増やせ!

③タンパク質を多めに摂取せよ!

 

 

この3つのポイントを踏まえていただければ、脂肪を燃焼させやすくなり、身体を引き締めることができると思います!

 

 

では、良きトレーニングライフを!

 

 

Twitter

twitter.com

 

instagram

https://www.instagram.com/yassan_40over/