【40歳を過ぎたら読むブログ】健康な生活を送るための彼是

運動、食事、睡眠など、40歳を過ぎても健康な身体をつくる正しい知識をお教えします!

【3分で読める】ダイエットの常識!寝る前に食事をすると太るは、嘘!?

秋になった途端に身体も頭も重くなり、思うようにトレーニングができず、毎年衰えていく身体をひしひしと感じている44歳、『少年おやじ』です。

でも負けずにがっつりトレーンングするけどね!

 

 

さて、今回は、

 

「小さい頃から親に言われてましたので!」

 

 

とか、

 

 

「当たり前の話ですよね?

 

と思っている人に向けて、

「それ、ちょっと解釈間違っているかもよ!!」

というテーマで行きたいと思います。

 

 

[:contents]この記事の目次

------

1.夜中の食事が太ると言われている理由は?

2.グリコーゲンの量が大事

3.食事は運動の前後に摂るべし

4.寝る前に食べると太るは、嘘!?のまとめ

 

 

 

 【食事の摂り方のポイント】

 

1.夜中の食事が太ると言われる理由は?

 

 

BMAL1(ビーマルワン)を知っていますか?

 

BMAL1は、体内時計を正しく保つ役割をしたタンパク質のことで、夜から夜中かけて増えます。BMAL1には脂肪酸の分解を抑制する効果があるので、BMAL1が多いときに食事をすると脂肪として蓄積されやすい。

 

 

と、いうような話をよく見かけますが、実は「BMAL1が多い時に食事をすると太る」というのは、論文等で発表されている訳でもなく、あまり根拠がないです。

 

では、夜に食事をしても太らないのでしょうか?

 

 

 

2.グリコーゲンの量が重要

 

 

夜寝る前に食べると太るとか太らないとかは、グリコーゲンの量が関係します。

 

グリコーゲンとは、筋肉や肝臓で合成され蓄えられているエネルギーのもととなる多糖で、蓄えが少ない状態時であれば、食べても大丈夫です。

 

グリコーゲンは急激な運動を行う際のエネルギー源として使われるので、夜に筋肉トレーニングをしてグリコーゲンを枯渇させた場合、その後に食事をしても食べたものはグリコーゲンの回復に使われて、体脂肪の増加の方にはまわりません。

 

f:id:toaruojisann:20210916185148j:plain

ZOE-Animation-StudioによるPixabayからの画像

 

逆に言えば、朝も昼も食事をしてグリコーゲンがある程度残っている状態で、レーニングや運動をせずに夜ご飯を食べた場合は、グリコーゲンが溢れてしまいます。

 

そして、その溢れた分が体脂肪になります。

 

これが、「寝る前に食べると太る」の大きな要因です。

 

 

 

3.食事は運動の前後に摂るべし

 


グリコーゲンが減った状態で食事をすれば、体脂肪にまわる、つまり「太る」というこはないです。

 

ということは、

体内のグリコーゲンの状態が大切になってきますので、運動やトレーニングをいつ行うかということから、食事のスケジュールを組んでいくべきだと言えます。

 

運動前に糖質を摂り、グリコーゲンが蓄えられた状態でトレーニングを行う。
レーニングでグリコーゲンが使われても、その後に食事をすることでグリコーゲンを補充する。

 

f:id:toaruojisann:20210916185533j:plain

창주 강によるPixabayからの画像

 

結果、「食べたものは脂肪にはまわらないから太らない」ということになります。

 

ここで注意が必要なことがあります。

 

まずひとつめは、グリコーゲンが少ない状態で食べれば、脂肪にはまわらないと言っても、量を食べすぎてしまえば脂肪にまわってしまいます。食べすぎには要注意です。

 

f:id:toaruojisann:20210916190033j:plain

지원 이によるPixabayからの画像

 

ふたつめは、朝トレーニングをしたからと言って、朝も昼も、そして夜も、普通に食事をしてしまうと、夜の食事によってグリコーゲンが溢れてしまう可能性がありますので、注意しましょう。

 

 

 

【寝る前に食べると太るは、嘘!?・・のまとめ】

 

 

①夜食べると太るの根拠としてよく聞くBMAL1は、あまり関係が無い!

②寝る前の食事で大切なのは、体内のグリコーゲンの状態を見極めること!

③運動後の食事は脂肪にはまわらない、つまり、太らない!

 

この3つのポイントを踏まえ、寝る前に食べれば必ず太るというわけではなく、グリコーゲンが大事!ということを意識して食事をすれば、脂肪を増やすことなく、引き締まった身体をキープできると思います!

 

では、良きトレーニングライフを!

 

 

Twitter

twitter.com

 

instagram

https://www.instagram.com/yassan_40over/